兵庫区薬剤師会ホームページ・トピックス

CONTENTS

保 健 機 能 食 品

 保健機能食品は2001年4月から始まった制度で、安全な健康食品の選択の目安となるものです。

 医薬品と一般食品の中間に位置するもので、「特定保健用食品」と「栄養機能食品」の 2つに分類されます。俗に「サプリメント」と呼ばれたりします。

 一般の食品は、健康に関する機能表示は許されていませんが、保健機能食品は、安全性と効能効果の医薬品的表示が許可された食品です。コンビニやスーパーマーケットなどでも購入が可能です。

 特定保健用食品は、医師の管理下での試験で、統計学的に有用性を証明することが求められるようになりました。 


医薬品

(医薬部外品を含む)

保健機能食品 


一般食品

(健康食品を含む)

特定保健用食品
(個別許可型)
栄養機能食品
(規格基準型)
 
栄養成分含有表示
保健用途の表示
(栄養成分機能表示)
注意喚起表示
栄養成分含有表示
栄養成分機能表示
注意喚起表示
(栄養成分含有表示)
食品だから安全?

 保健機能食品は、分類は食品ですが、成分は医薬品と同じです。

 諸外国では、ビタミン剤やハーブなどのダイエタリー・サプリメントは食品として売られています。
 日本では、大半が医薬品とされています。

 医薬品であれば、当然みなさん慎重に服用されますね。自己管理のできる医薬品の名前が「食品」と変えたと考えていただけるとよいのではないでしょうか。

 医薬品同様、適正量を適正使用すればかなり安全・有効ですが、過剰摂取されたり、間違った使い方をされると、副作用や有害事象が出てきます。危険なものでもありませんが、絶対安全なものでもありません。

 ハーブ類は、作用は緩和なものから,かなり強いものまであります。さらにかなり重篤な(大変重い)副作用ガ出てくるものもあります。今回も個別許可型の特定保健用食品になっています。

適正摂取量の決め方

 上限は医薬部外品の最大分量を越えない値、下限は日本人の栄養所要量の3分の1が目安です。副作用が怖いからといって、必要量を使用しないと効果がありません。かといって、よく効くだろうと、必要以上を使用すると百害あって一利、せいぜいニ利 しかありません。
  特に塗り薬は、塗りすぎている方が多く、そのために副作用が出て しまう方もおられます。

ビタミン・ミネラルの栄養機能表示と注意喚起表示の一例

 今回栄養機能食品として認められたものにビタミン・ミネラルがあります。

【ビタミン】

名称
栄養機能表示として認められる表示
注意喚起表示
ビタミンA
夜間の視力の維持を助ける皮膚や粘膜の健康維持を助ける 多量摂取により皮膚疾患・胃腸障害などの副作用妊娠3ヵ月以内または妊娠希望の女性は過剰摂取注意
ビタミンD
腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける 過量摂取注意胃腸障害注意
ビタミンE
抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける 過量摂取注意胃腸障害注意
ビタミンB1
炭水化物からのエネルギーの産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける 摂取目安量を守ってください
ビタミンB2
皮膚や粘膜の栄養維持を助ける 摂取目安量を守ってください
ナイアシン
皮膚や粘膜の健康維持を助ける 摂取目安量を守ってください
ビタミンB6
蛋白室からのエネルギーの産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける 摂取目安量を守ってください
葉酸
赤血球の形成を助ける胎児の正常な発育に寄与する 多量摂取による効果の増進はない。 多量摂取注意
ビタミンB12
赤血球の形成を助ける 多量摂取注意
ビオチン
皮膚や粘膜の健康維持を助ける 多量摂取注意
パントテン酸
皮膚や粘膜の健康維持を助ける 多量摂取注意
ビタミンC
皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに抗酸化作用を持つ 多量摂取注意,出血傾向の方は注意

基本的考え方に基づく栄養素の配合限度量(上限値・下限値)

  ビタミンA(レチノール注) ビタミンD ビタミンE ビタミンB1 ビタミンB2 ナイアシン
上限値 600μg(2,000IU) 5.0μg(200IU) 150mg 25mg 12mg 15mg
下限値 180μg(600IU) 0.9μg(35IU) 3mg 0.3mg 0.4mg 5mg

  ビタミンB6 葉 酸 ビタミンB12 ビオチン パントテン酸 ビタミンC
上限値 10mg 200μg 60μg 500μg 30mg 1,000mg
下限値 0.5mg 70μg 0.8μg 10μg 2mg 35mg

【ミネラル】

名称
栄養機能表示
注意喚起表示
カルシウム
骨や歯の形成に必要 多量摂取注意・高血圧剤等との併用注意
赤血球を作るのに必要 牛乳・お茶との併用は避ける

基本的考え方に基づく栄養素の配合限度量(上限値・下限値)

  カルシウム
上限値 600mg 10mg
下限値 250mg 4mg

役立つホームページ

 医薬品・医薬部外品も保健機能食品も、あくまで補助でしかありません。生活上の注意や食生活などの注意を守っていただかなければ、充分な効果が得られません。
  特に保健機能食品は、とかく安易に使用しやすいので、使いすぎに充分注意をしてくださ い。

 また、一緒に食べてはいけない食品や医薬品もあります。
 他の病気を持っておられる場合にも注意が必要です。信頼できる薬剤師にご相談いただくのが一番です。

 サプリメント・栄養機能食品などの市販品は、適切は用量を適正使用して、上手に利用しましょう。

 一般薬を買う時、信頼できる薬剤師の選び方

  1. 話しやすく相談しやすいこと
  2. 病気のことを広範囲に知っている事
  3. 必ず症状を聞いて、症状にあったくすりを選んでくれる事。
    はやりや値段の高いものを無理に勧めない事
  4. くすりの飲み方・副作用・相互作用・生活上の注意など説明してくれる事 など

 



兵庫薬剤師会トピックス バックナンバー