兵庫区薬剤師会ホームページ・トピックス

くすりの保存法

・・・ 薬の保存方法は正しいですか? ・・・

 1年で一番うっとうしい「梅雨」に入ります。食べ物が痛んだり、カビがはえやすかったり、室内の換気・乾燥や食品の保存など注意を払われるでしょう。「くすり」もこの時期は、苦手です。
  一般にくすりは、冷暗所に保存していただくのが、適切です。

「じゃあ、冷蔵庫だ。」 

チョット待ってください!

 冷暗所というのは、室温(15℃~25℃)で直射日光の当たらない遮光された場所の事です。冷蔵庫で保存していてはどうしてダメなのでしょう。

  1. 冷蔵庫庫内と室温との差のために出した時に結露して湿気てしまう。
  2. あまり低い温度で保存すると、くすりの成分が変質する恐れがある。

ですから、冷凍庫で保存なぞ、もってのほかです。ただし、薬の中には、冷蔵庫で保管していただかないといけないものもあります。

 冷蔵庫保存の必要のあるくすり

  • シロップ等の水剤  ただし鉄剤の入った水剤は冷蔵庫で固まりますので、入れないでください。
  • 坐薬   基材が体温で溶けるようになっているため、溶けやすいものです。
  • 点眼剤  遮光の物が多いです。光が直接当たらない様に保存してください。
  • 生物学的製剤(ワクチン・インシュリン製剤)等の一部

 薬の内容によって保存法は違います。薬剤師にお確かめください。

 医薬品の品質に影響を及ぼす要因として考えられるのは、温度・湿度・光・酸素〔空気〕などです。保存条件、医薬品の性質や剤形などによって影響の度合いは異なってきます。添付文書(説明書)に記載されている保存方法や薬局で渡される薬剤情報書や薬剤師の指示を守ってください。直接薬剤師に聞いていただくのがベストです。

くすりの有効期限・使用期限
開封後は、湿気の来ない様に乾燥剤(お菓子や海苔などに入っている乾燥剤を利用されても良いでしょう)と一緒に密閉された容器に入れていただくと良いでしょう。 食べ物に賞味期限があるように、くすりにも有効期限があります。

安全に使用できる期間の目安

有効期限または使用期限の記載のあるもの 期限内

使用期限の記載のないもの

 錠剤・散剤・坐薬 ・軟膏,クリーム等
6ヶ月~1年
 硬カプセル剤(小包装を開封していない)
6ヶ月~1年
 軟カプセル剤(小包装を開封していない)
3ヶ月~6ヶ月
 内服液剤
10日前後
 目薬
1ヶ月前後
病院・医院・調剤薬局からもらった薬 出された日数期間中で必要な間だけ服用してください。 薬局では使用期限・有効期限を厳しくチェックしています。 お薬をお渡してから、大体半年は余裕をみてお渡ししていますが、 念の為に取っておく物ではありません。

子供が誤って飲まないように、手の届かない所に置くことも大切です。 くすり箱の中をもう一度整理してみませんか?

2000.06.01

兵庫薬剤師会トピックス バックナンバー