処方箋をもらったら -医薬分業とは-
医師の診察を受けたあとに、病院・診療所でお薬のかわりに処方せんが渡されます。これが「医薬分業」です。
 処方せんにはお薬の名前や種類、量、使い方が書かれています。この処方せんを街の保険薬局にもっていくと、薬剤師が薬の量や飲み合わせ等を確認の上、調剤します。患者さんには、処方せんと引換えにお薬が渡されます。
 医療の高度化とともに機能分化が進み、現在の医療には様々な専門分野があります。それぞれの専門家がチームワークを組み、協力し合うことでよりよい医療の提供が図られています。医薬分業も、医師と薬剤師が協力してお薬をより安全に使っていただくための制度です。
 

処方箋 QandA

Q1 院外処方箋って何ですか?

病院や診療所でお薬をもらう代わりに、街のかかりつけ薬局でお薬をもらうことのできるの処方せんです。

Q2 薬を扱う店なら、どこでも調剤してもらえますか?

くすりやには、薬局と薬店があります。「保険薬局」「保険調剤」「処方せん受付」などの表示のある薬局であれば、どこでも調剤してもらえます。薬店では、調剤できませんのでご注意ください。お好きな薬局にお持ちください。かかりつけ薬局を作っておかれると便利でしょう。

Q3 薬局では処方せんに書いてある通りの薬を調剤してもらえますか?

はい、もちろんです。処方せんの通りに正確に調剤します。

Q4 薬局ではいつでも調剤してくれるのですか?

処方せんは、交付日を含めて原則4日以内が有効です。また、有効期限を指定した処方せんは、その有効期限内なら、いつでも調剤します。もし、薬剤師が不在で調剤できない時は、責任を持って調剤が出来る薬局を紹介します。

Q5 処方せんがなくても、以前に調剤してもらった薬をもらえますか?

いいえ。薬剤師は、お医者さんの診断の結果、症状に応じて出された処方せんにもとづき調剤しますので、その都度、受診しなければなりません。

Q6 薬局で調剤された医療費は医療費控除の対象となりますか?

病院や医院に支払った医療費と同じく、薬局で調剤して支払った分も医療費控除の対象になります。薬局では、調剤の際患者負担金がある場合は領収書をお渡ししていますので、大切に保管しておいて下さい。

Q7 処方せんは代理の者が持って行っても調剤してもらえますか?

処方せんがあれば、ご本人でなくてもかまいません。患者さんはお宅でお休みになり、ご家族などが処方せんをお持ちになっても、調剤が受けられます。

Q8 薬局では、処方せんに書かれた薬について説明してくれますか?

はい。お薬を安心して使っていただくために、使用方法・薬効・保管方法・副作用など、充分説明いたします。お薬について疑問がありましたら、薬局の薬剤師になんでもお問い合わせ下さい。

Q9 院外処方せんをもらうと、薬局に行く手間が増えて面倒ですね?

手間が増えることは事実です。しかし、お医者さんに行く途中には、何軒か薬局があると思います。どこでもあなたの都合のよい薬局で調剤してもらって下さい。もし、他に用事があって忙しい場合には、処方せんを薬局に預けて、後ほど都合のよい時にお薬をもらいに行くこともできます。


医薬分業のメリット
1
 医師が診療に専念し、薬剤師が調剤することにより、お薬の使用がより安全になります。
2
 処方せんにより、あなたのお薬の処方内容が明らかになります。
3
 かかりつけ薬局ではあなたのお薬に関する記録を保管しています。お薬に対するアレルギー、副作用等を記録しておくことで、あなたの服用するお薬の安全性を高めることができます。
4
 他の病院や診療所の処方と同じ薬が重複していたり、危険な飲み合わせがある場合など処方内容に疑問がある場合、薬剤師が医師に問い合わせ、その結果、処方内容の変更や、処方中止等の処置がとられることもあります。
5

 飲み忘れ・飲み間違いを防ぐため、1回に飲むお薬を一包にまとめたり、お薬の名前や飲み方、効能・効果や副作用などの情報を書いたメモをお渡しして説明をしたり、お薬手帳や健康手帳にお薬の情報などの記録もします。

 特に複数の医療機関や診療科を受診している患者さんは、是非1カ所「かかりつけ薬局」を決めて、処方せんによる調剤を受けられることをお勧めします。
 後ほど都合のよい時にお薬をもらいに行くこともできます。