疱疹(ヘルペス)と薬

 ヘルペスという言葉を良く耳にされる方が多いと思います。ヘルペスの原因はウイルスで、皮膚に小さな水疱ができる病気です。一口に、ヘルペスと言っても、原因となるウイルスは、いくつかの種類があり、それぞれ発症場所や症状に特徴があります。

単純ヘルペスT型
単純ヘルペスU型
水痘・帯状疱疹ウイルス
口唇ヘルペス
性器ヘルペスなど
水痘症(みずぼうそう)
ヘルペス性角膜炎
帯状疱疹
ヘルペス性口内炎など
                 代表的なヘルペスウイルス

 一般的に、ヘルペスウイルスは知らず知らずのうちに、体内に侵入してきます。これを初感染といいます。
  感染場所の多くは、皮膚や粘膜の小さい傷で、感染したウイルスは、神経にそって体内の奥深くの神経節に潜んでしまいます。これを潜伏感染といいます。
  初めて感染した時は、明らかな症状が出ないので気が付かないケースの方が多くあります。
  また、本来ヘルペスウイルスは非常に弱いウィルスで、健康な状態であれば、ウイルスが身体の中に潜んでいても症状は出ません。しかし、何かのきっかけとなる要因ができると、ウイルスが暴れだし、発症してしまうのです。その発症のほとんどは「ヘルペスの再発」になります。よく風邪をひいたときに鼻の下や口唇に痛みを伴う小さな水疱が出来ることがあります。俗に「熱の華」と言われるものです。実は、これもヘルペスの再発なのです。

 ヘルペスの再発のきっかけになるもの

  • 強い紫外線
  • 疲労やストレス
  • 病気
  • 老化
  • 免疫抑制剤やステロイドの長期服用

 再発時に共通するのは、身体の抵抗力が低下した時に、再発を招きやすいということです。
 特に、高齢者の場合、加齢による体力の低下に伴い自己免疫力の低下が起きています。また低下してしまった体力や抵抗力も回復するのに時間がかかってしまいます。軽い風邪をひいただけでもヘルペスを発症してしまうことが多くなります。ですから、高齢になればなるほど健康な身体作りが大切になります。

高齢者に要注意な帯状疱疹
 ヘルペスウイルスの中で、最も要注意なのが帯状疱疹です。
 子供の頃によく発症する水痘症(みずぼうそう)のウイルスが、成人になってから再発するのが帯状疱疹です。ヘルペスの中で最も痛みを伴い、また発症する患部も病名の如く「帯状」に広がっていきます。帯状ヘルペスの痛みは、表皮の痛みではなく、神経の痛み(神経痛)です。この痛みは、2/3は1ヶ月以内に消失しますが、2ヶ月以上続く場合を、帯状疱疹後神経痛といいます。単純疱疹と違い余程の事が無い限り、一度発症すると再発することは殆どありません。
 しかし、特に早期治療が大切な疾患の一つで、症状が出てから4日以内に投薬する必要があります。また、単純疱疹よりも治療期間が長くかかり、中途半端に治療を止めてしまうと、平均6ヶ月後に神経痛(帯状疱疹後神経痛)を招く人が数%あります。そうなると、何年も神経痛に悩むことになってしまいます。
  特に高齢者の場合、若い頃に比べると回復力が遅いので、早期治療と最後まで根気良く治療を続ける事が大切になります。

ヘルペスの治療

単純疱疹(単純ヘルペスT・U型)
 治療の基本は外用薬を用います。角膜ヘルペスには眼軟膏や点眼液を、重症例に対しては、点滴や内服を用います

抗ウイルス薬の軟膏を1日2〜3回塗布します。

外用薬 ゾビラックス軟膏(アシクロビル)・アラセナA軟膏(ビダラビン)
ゾビラックス眼軟膏やIDU点眼液・眼軟膏(イドクスウリジン)
 内服 ゾビラックス錠200mg
                    代表的な薬

<ゾビラックス錠200mgの基本的な使用法>
ゾビラックス錠200mgを 1日に 5回(朝・昼・午後3〜4時・夕・寝る前)1回1錠を 5日間服用します。

帯状疱疹
 治療の基本は内服薬です。

 
薬剤
成分
服用時点
回数/日
錠/回
投与日数
抗ウイルス剤 ゾビラックス錠
400mg   
アシクロビル
朝・昼・午後3〜4時・夕・寝る前
5
2錠
7日間
バルトレックス錠
500mg
塩酸バラシクロビル
朝・昼・夕
3
2錠
7日間
鎮痛剤 ナイキサン錠100mg ナプロキセン
朝・昼・夕
3
2錠
7日間
オルヂス錠50mg    ケトプロフェン
朝・昼・夕
3
1錠
7日間
ビタミンB12 メチコバール錠500μg メコバラミン
朝・昼・夕
3
1錠
7日間
抗菌薬 サルファ剤・抗生物質軟膏  
塗り薬
1〜2

注1 ヘルペスに適応のある鎮痛剤はナイキサン錠とオルヂス錠だけです。他の鎮痛剤は効果が認められていません。
注2 ゾビラックス錠は1日5回服用しなければいけないため、服用回数の少なくてすむバルトレックス錠が開発されました。現在はバルトレックス錠の方が頻用されています。

 炎症がひどい時にはステロイドを併用する場合もあります。
 患部は水疱を伴っていますので、外用薬を塗布後は必ずガーゼで保護するようにしてください。
 @〜Bを7日間服用後は、ABを痛みが消失するまで1〜2週間服用し、その後皮膚がピリピリしたりチクチクしたりする感覚や痺れ・麻痺が消失するまでBを服用する必要があります。ここで皮膚の感覚が元通りにならない内にBを中止すると、前述の帯状疱疹後神経痛を招く結果になります。

 単純疱疹や帯状疱疹は精神的又は肉体的に疲れている時に発症しやすいので、早く回復さす為にも十分な栄養と睡眠をとるように心がけることが一番大切な事です。毎日の健康管理も怠らないよう気をつける事は言うまでもありません。




「病気とお薬」バックナンバー